ギャンブル依存症の8割が「パチンコ依存」 国内400万人以上に疑いあり

2014/11/18 07:00

 安倍政権が「カジノ解禁法」を推し進めるなか、今年8月、厚生労働省の研究班が、国内でギャンブル依存症(病的賭博[とばく])に関する調査結果を示した。依存の疑いのある人は536万人で、内訳は男性438万人、女性98万人。成人全体の4.8%で、男性に限ると8.7%に膨れ上がる。さらに、うち約8割を占めるとされるのが「パチンコ・パチスロ依存症」だ。

あわせて読みたい

  • あなたは大丈夫? カジノ解禁で“ギャンブル依存”が急増すると専門家危機感

    あなたは大丈夫? カジノ解禁で“ギャンブル依存”が急増すると専門家危機感

    週刊朝日

    11/18

    パチスロにハマり自殺未遂…経験者が語る「ギャンブル依存症」の恐怖 

    パチスロにハマり自殺未遂…経験者が語る「ギャンブル依存症」の恐怖 

    dot.

    12/20

  • 小島慶子「病気と気付かないから支援もない… 依存症の本当の苦しさ」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「病気と気付かないから支援もない… 依存症の本当の苦しさ」

    AERA

    12/26

    蛭子さんも「夢がなくなる」と嘆くパチンコ規制 カジノ解禁の余波?

    蛭子さんも「夢がなくなる」と嘆くパチンコ規制 カジノ解禁の余波?

    週刊朝日

    7/16

  • 仕事できる人は要注意? 「ギャンブル依存症」チェック!

    仕事できる人は要注意? 「ギャンブル依存症」チェック!

    週刊朝日

    3/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す