昭和天皇に相次いだ“直訴” 理由は「男前」だから?

皇室

2014/11/17 07:00

 若き昭和天皇は、国民の憧れと希望の象徴。相次いだ天皇への直訴は、変革を望む国民の期待の表れだった――。作家の澤地久枝さん(84)は、国民の目から見た昭和天皇像を昭和3年の「昭和天皇実録」に着目して読み解いた。

あわせて読みたい

  • 平成の皇室の象徴「ひざまずき」のスタイルはいかにして生まれたのか?

    平成の皇室の象徴「ひざまずき」のスタイルはいかにして生まれたのか?

    AERA

    4/30

    新政府が仰いだ「明治天皇」の実像 大久保利通らが目指した「政」と「軍」の中心とは

    新政府が仰いだ「明治天皇」の実像 大久保利通らが目指した「政」と「軍」の中心とは

    dot.

    6/1

  • 病床の天皇が気にした「御辞世」の歌

    病床の天皇が気にした「御辞世」の歌

    週刊朝日

    12/15

    幻となった昭和天皇の沖縄訪問 その心中を元側近が証言

    幻となった昭和天皇の沖縄訪問 その心中を元側近が証言

    週刊朝日

    5/4

  • 検証・天皇の「お言葉」と敗戦の「玉音放送」 こんなに似ている

    検証・天皇の「お言葉」と敗戦の「玉音放送」 こんなに似ている

    AERA

    9/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す