奇跡の44歳・永作博美「40代の今が楽しい」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

奇跡の44歳・永作博美「40代の今が楽しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 撮影当日は誕生日。「奇跡の44歳」とも称されるあどけない笑顔は、20代の頃と少しも変わらない。そんな外見とは裏腹に、今では母親役を演じることも多くなってきた永作博美。

 連続ドラマ「さよなら私」では、心だけが専業主婦から親友のキャリアウーマンに入れ替わるという、全くタイプの違う女性2人を演じている。「仕事に対するストイックさもわかるし、家族がいることの幸せもわかる。経験値として私の中にあるので、どのシーンも身に染みました」

 実生活では、2児の母として、「とにかく座らない一日」。多忙だが、40代の今が楽しいという。

「いろんなことがわかるようになり、仕事もちょっとずつ動かせるようになってきた。家事や子育てなど先のことを考えられないほど必死ですが、毎日変化が多く楽しいですね」

 今、一番したいことは? の質問に、「家族との時間を増やすこと、家の中の掃除」ときっぱり。

 変わらない無邪気な笑顔の中にも、母のたくましさを感じた。

週刊朝日  2014年11月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい