【美意識ある生活】街歩きの手荷物、どうまとめるか 「ショルダーバッグ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【美意識ある生活】街歩きの手荷物、どうまとめるか 「ショルダーバッグ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
軽くて、丈夫で、スタイリッシュ 諸条件をクリアしたショルダーバッグ開口部にはモノを取り出しやすいように、あえてジッパーや上蓋を付けず、ユーロホックと呼ばれる留め金に。内部に特殊なバネが仕込まれていて、開口部の生地を引っ張っただけではホックは外れないので、盗難や中身がこぼれるのを防げる
(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

軽くて、丈夫で、スタイリッシュ 諸条件をクリアしたショルダーバッグ
開口部にはモノを取り出しやすいように、あえてジッパーや上蓋を付けず、ユーロホックと呼ばれる留め金に。内部に特殊なバネが仕込まれていて、開口部の生地を引っ張っただけではホックは外れないので、盗難や中身がこぼれるのを防げる (撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

開閉しやすいユーロホック(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

開閉しやすいユーロホック(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

底面を広げると自立(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

底面を広げると自立(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

 週刊朝日で好評連載中の「美意識ある生活」。生活品評論家の東海左由留(とうかい・さゆる)さんが厳選したひと品を紹介している。東海さんは日本とヨーロッパで「生活をより豊かに」をテーマに様々なアイテムやサービス、ライフスタイルを取材。自腹で購入し、時間をかけて使用感を検証している。

 今回は、ショルダーバッグを紹介する。

【美意識ある生活 他の逸品はこちら】

*  *  *
■街歩きの手荷物、どうまとめるか

 休日や旅先の鞄選びは悩ましい。軽さは必須でも、スマホやタブレットにデジカメなどのデジタルツール、財布に雨具に筆記具など、あれこれと増える荷物の携帯に収納量と耐久性が必要。出し入れしやすいに越したことはないが、口が開いたままだと中身が見えるし、スリの不安もある。軽快な装いに似合う素材・デザインが好ましいものの、安っぽいのは年齢的に気が引ける……と、数々の矛盾する条件をクリアしないといけない。

 そこで私の街歩きで出番が増えたのが、バルカW。底面を広げるとかなりの量を収納でき、荷物が少なければマチ無しのスリムな形で体にフィット。オリジナル生地はパラフィンコートで水をはじくし、500グラムを切る軽さでも耐久性は十分だ。特に気に入っているのは、ありそうでなかった柔らかく優しい肌触りの5センチ幅のショルダーベルト。かなり重い荷物でも肩に食い込む不快さがない。外出が楽しくなるショルダーバッグだ。


<今日の逸品>
バルカW
全9色 幅33cm×高さ30cm×マチ11cm 重さ480g
表地:パラフィンコートコットン、ベルト:コットンテープ、裏地:麻コットン
1万6400円(税別)
問い合わせ先:アールピースファクトリー
http://www.ap-market.com/

週刊朝日 2014年9月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい