坂本一生 芸能界から転向“時にセンチメンタル”な便利屋稼業へ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

坂本一生 芸能界から転向“時にセンチメンタル”な便利屋稼業へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 1993年に「新加勢大周」として芸能界デビューし、のちに改名したタレントの坂本一生さん。最近は、タレント業よりも便利屋の仕事が本業になっている。

 8月下旬、坂本さんの仕事に同行した。

 東京・浅草でテナント業を営む60代の男性からの依頼。マンション1階にある冷蔵庫を4階まで運び、いま4階にある冷蔵庫は回収してほしいという。

「引っ越し屋さんではやってくれませんからね、僕たち便利屋の出番です」

 2台の冷蔵庫はどちらも2ドアの中型のもの。

「もっと大型のものを想定してましたからね、ちょっと拍子抜けです」

 と笑う。2人で軽々と持ち上げ、階段を上り下り、あっという間に解決した。

「もっとすごいところを見せたかったんだけどなぁ」

 と、坂本さんは言うが、依頼主の男性は、

「重くてとてもムリだったから、助かりましたよ」

 さらにその奥さんが、

「テレビに出てた方よね。イケメンぞろいの便利屋さんなのかしら」

 と、感心している。

 坂本さんにはいろいろな依頼があるが、ちょっとロマンチックな依頼が印象に残っている。2012年の金環日食の日。15年前、この日の午前10時に、お台場の埠頭で再会する約束をしたカップルがいた。男性側が行けなくなったので、代わりに手紙を渡しに行ってほしいという依頼だ。

 坂本さんが埠頭で待っていると、大きな白いストローハット、白のワンピース、白いパンプスを履いた40歳前後の上品そうな女性が歩いてきた。

「最初は半信半疑だったのですが、『○○さんですか?』と声をかけると、驚いた様子でうなずきました」

 坂本さんは彼女に手紙を差し出した。

「うっすら涙を浮かべながら、ひとこと小さな声で『ありがとうございます』と言って、日差しの中に去っていきました。なんだか夢を見てるみたいでしたね」

 なぜ会えなかったかは、坂本さんは知らない。

「気になりますけど、手紙を渡すところまでが僕の仕事ですから」

 それが、便利屋だ。

週刊朝日  2014年9月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい