LINEやスマホゲーム21時以降は禁止 合格する受験生の夏の過ごし方とは?

 受験生にとって、熱い夏休みが始まった。この夏、どのようなことに気をつけて勉強すればいいか。夏休みの過ごし方や勉強方法についてアドバイスを聞いた。

 駿台予備学校進学情報センター長の石原賢一氏は、夏休みの勉強について、こう話す。

「難しい問題を解きたいと思うかもしれませんが、まずは基本事項を確認することです。苦手科目の問題集は、解説が詳しいものを選んでください。公立高校では地歴の進度が心配ですから、夏休みに日本史や世界史の教科書を読書感覚で最後まで読みましょう。2学期からの授業の理解度がよくなります」

 33年連続東大合格者数日本一の開成高校・柳沢幸雄校長、石原氏、緑鐵受験指導ゼミナール代表の和田秀樹氏の3人が異口同音にすすめるのが「早寝早起き」だ。

「生体リズムや心身の安定に関与するメラトニンや成長ホルモンなどの脳内物質は、22時から2時の間に多く出るため、遅くとも23時までには眠り、熟睡してほしい」(柳沢校長)

 柳沢校長は、この夏休みにぜひとも習慣にしてほしいことがあるという。

「スマホやパソコンなどでLINEやゲームをするにしても、21時には必ずやめるということです。画面の光に含まれているブルーライトによってメラトニンの生成が抑制され、寝つきが悪くなり、熟睡できなくなるからです」

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック