TBS田中みな実「電撃退社」 アナウンス室でひとりぼっち (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

TBS田中みな実「電撃退社」 アナウンス室でひとりぼっち

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

独特の“ぶりっ子キャラ”で、バラエティー番組を中心に活躍したTBSの田中みな実アナウンサー(27)が、9月末で同社を退社、フリーになることが発表された。

 田中アナは青山学院大学卒業後、2009年にTBSに入社。米ニューヨーク生まれの帰国子女で、07年には準ミス青学に選出された輝かしい経歴の持ち主だ。10年にバラエティー番組「サンデー・ジャポン」のリポーターに起用されると、カメラ目線で「みな実は〜、みんなのみな実だから〜」などとおもねる“ぶりっ子キャラ”が開花。多くのレギュラー番組を持つ売れっ子となった。

 そんな田中アナがなぜ、突然、退社することになったのか。ひとつには「社内での孤立」があったようだ。

「ベテランのNアナはチャラチャラした女子アナが嫌いで、田中アナとは折り合いが悪かった。私生活でも仲の良かった青木裕子アナ(31)がフリーになってからは、親しくしていたのは後輩の佐藤渚アナ(26)くらい。同期の送別会すらないようなので、会社になじめていなかったのは確かでしょう」(TBS関係者)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい