織田家第16代当主「本能寺の変」の後、織田家が書いた始末書

2014/06/24 07:00

 天下統一を目前にしながら、本能寺で無念の最期を迎えた織田信長。その弟有楽斎(長益)から16代当主織田裕美子氏は、本能寺の変にまつわる織田家のおきてと秘宝について語った。

あわせて読みたい

  • 織田家第16代当主「信長没後、秀吉、家康に仕えた織田家の流転」

    織田家第16代当主「信長没後、秀吉、家康に仕えた織田家の流転」

    週刊朝日

    6/17

    織田家18代当主も当惑 次男を叱責した信長の怒りの手紙

    織田家18代当主も当惑 次男を叱責した信長の怒りの手紙

    週刊朝日

    8/3

  • 織田家18代当主が明かす織田家と前田家の血縁関係

    織田家18代当主が明かす織田家と前田家の血縁関係

    週刊朝日

    8/31

    織田家第18代当主「『本能寺の変』後、2系統4家が江戸時代まで大名として生き残る」

    織田家第18代当主「『本能寺の変』後、2系統4家が江戸時代まで大名として生き残る」

    週刊朝日

    11/7

  • 織田家第18代当主 織田家の400年の伝統を破り、息子の名に「信」をつけず

    織田家第18代当主 織田家の400年の伝統を破り、息子の名に「信」をつけず

    週刊朝日

    11/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す