AERA dot. 5th anniversary

もはや“御三家”は死語? 私立名門校に異変

このエントリーをはてなブックマークに追加

東大合格者数では差が広がった「御三家」 (c)朝日新聞社 

東大合格者数では差が広がった「御三家」 (c)朝日新聞社 

 それぞれ東大などへの進学実績があり、「御三家」と呼ばれてきた首都圏の中高一貫校、開成・麻布・武蔵。だが近年は進学実績に差があり、名門校の勢力図が変わりつつある。

 ある進学塾関係者が、こう漏らす。

「『御三家』は進学実績からいえば、もはや死語。学校名にとらわれない進路選択をする時代になりました」

 男子の「御三家」に異変が起きたのは、1993年だ。この年、首都圏私立高校の東大合格者数(浪人含む)トップは開成(171人)、次が麻布(96人)。ここまでは例年どおりだったが、武蔵(47人)が順位を落とし、駒場東邦(54人)が躍進したのだ。

 前年、武蔵の東大合格者数は85人。多くの浪人生が合格したために93年は減少に転じたとも考えられるが、70人以上が当たり前だった合格者数は、93年以降、減少を続け、2014年は22人。開成、麻布が一定数を保ち、駒場東邦が伸びているのとは対照的だ。

 93年はちょうど第2次ベビーブームに生まれた世代の高校受験が一段落したころ。18歳人口は92年の205万人を境に減少に転じた。教育情報会社「大学通信」(東京都千代田区)の安田賢治常務取締役は、

「御三家はいずれも放任主義で、生徒が自ら学ぶ姿勢を養う教育方針。中でも武蔵は、詰め込み式ではなく、教養を高めるような学習スタイルだった。けれど、少子化の流れもあり、大学まで手厚く面倒を見てほしいと思う親が増えました」

 そんな意識の変化が「面倒見の良さ」で定評の駒場東邦の躍進につながったという。創立は57(昭和32)年。鈴木良児教頭は、

「本校には御三家ほどの歴史と伝統がありません。入学してくるのは、普通の子どもたち。そんな生徒を出口まできちんと育てよう、それだけです」

 麻布や武蔵と違い、制服があり、体育祭など課外活動では、生徒の自主性に任せつつも、教諭が指導に入る場面が多い。女性の専任教諭が10人以上いるなど、男子校ではあるが「普通」さが各所ににじむ。保護者が気軽に学校を訪ね、教諭らと子どもの様子について相談をするのも特徴だ。

週刊朝日  2014年6月13日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   出産と子育て , 大学入試 , 東大 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加