安倍政権“第3の矢” 頼みは原発と武器

原発

2014/05/02 07:00

米国・オバマ大統領をもてなしても、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、「大筋合意」できなかった安倍晋三首相(59)。ゴールデンウイークの4月29日~5月8日もトップセールスを兼ねて企業を引き連れ、欧州6カ国を外遊する。だが、その裏で失速するアベノミクスの目玉として原発・武器輸出の動きが加速している。

あわせて読みたい

  • 安倍首相の活発な「原発セールス」 危険な舞台裏

    安倍首相の活発な「原発セールス」 危険な舞台裏

    週刊朝日

    6/12

    川内原発再稼働でも立ち直れない原子力ムラ

    川内原発再稼働でも立ち直れない原子力ムラ

    週刊朝日

    8/12

  • 「原発輸出」で日立も三菱も東芝の二の舞いか? やばくても撤退許されぬ実態

    「原発輸出」で日立も三菱も東芝の二の舞いか? やばくても撤退許されぬ実態

    週刊朝日

    10/25

    日立・会長が“財界総理”に 政財一体で原発推進が加速か

    日立・会長が“財界総理”に 政財一体で原発推進が加速か

    週刊朝日

    3/9

  • 原発維持費自由化後も国民負担 発電業者は選べても風力や火力にも料金上乗せ

    原発維持費自由化後も国民負担 発電業者は選べても風力や火力にも料金上乗せ

    週刊朝日

    10/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す