「介護=長男の妻」は過去 泥沼「きょうだい介護」の現実

介護を考える

2014/04/29 07:00

 昨日まで仲睦まじかったきょうだいが、親の入院などを機に「誰が介護するか」で、むき出しの本音をぶつけ合う――。「きょうだい介護」は、時に、お金の問題のほか、なすりつけ合いや被害者意識などが火種になって、一触即発の“戦争”につながる。

あわせて読みたい

  • 親亡き後、50歳ニートの姉の面倒をみるのは47歳の妹しかいないのか?

    親亡き後、50歳ニートの姉の面倒をみるのは47歳の妹しかいないのか?

    AERA

    6/14

    ケアマネは代えてもいい! 結果、要介護4→1になったケース

    ケアマネは代えてもいい! 結果、要介護4→1になったケース

    週刊朝日

    4/17

  • 第1143回 実の母娘に負けない親密な絆

    第1143回 実の母娘に負けない親密な絆

    週刊朝日

    9/17

    認知症の父の財産相続で姉弟関係が泥沼化 損害賠償の訴訟にまで発展!

    認知症の父の財産相続で姉弟関係が泥沼化 損害賠償の訴訟にまで発展!

    AERA

    12/22

  • 「老後はあんたたちが」 妹の子供に姉の老後を頼む母

    「老後はあんたたちが」 妹の子供に姉の老後を頼む母

    AERA

    11/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す