子孫が語る秘話と秘宝「伊達13代で一番モダンだった政宗公の甲冑」

2014/04/14 07:00

 伊達家第18代当主、伊達泰宗(やすむね)氏は先祖から代々受け継がれてきた品々や作法についてこう語る。

あわせて読みたい

  • 戊辰戦争で謹慎となった伊達家子孫、『夕日と拳銃』のモデルに

    戊辰戦争で謹慎となった伊達家子孫、『夕日と拳銃』のモデルに

    週刊朝日

    4/8

    伊達家の子孫が語る厳しい家訓「お酒を飲みに出歩いてはいけない」

    伊達家の子孫が語る厳しい家訓「お酒を飲みに出歩いてはいけない」

    週刊朝日

    4/19

  • 伊達家18代当主 40年前、地下の柩に納められた政宗公の頭蓋骨と対面

    伊達家18代当主 40年前、地下の柩に納められた政宗公の頭蓋骨と対面

    週刊朝日

    3/29

    子孫が語る刀剣と秘話 伊達政宗にとって刀とは家を存続させる象徴

    子孫が語る刀剣と秘話 伊達政宗にとって刀とは家を存続させる象徴

    週刊朝日

    2/8

  • あの伊達政宗も地震被害後「復興事業」を行っていた

    あの伊達政宗も地震被害後「復興事業」を行っていた

    週刊朝日

    3/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す