相続したくない“借金” 1円でも使うとすべて受け継ぐことに

遺産相続

2014/03/20 16:00

 相続する財産は、預貯金などの「もらってうれしい財産」ばかりとも限らない。不動産賃貸業を営んでいたBさんの夫が亡くなった。相続人はBさん、長男、次男の3人だ。評価額3億円の不動産が残された。一方で、4億円という多額の借金もあった。財産を上回る借金の返済義務を負わない限定承認を家裁に申し立てる方法も考えたが、Bさんたちは「相続放棄」の手続きをとることにした。

あわせて読みたい

  • 遺産相続の落とし穴 知っておきたい「隠れ負債」って?

    遺産相続の落とし穴 知っておきたい「隠れ負債」って?

    週刊朝日

    2/23

    親の死後、金融機関から突然の督促状が…… 知られざる身内の借金をどう処理すべきか

    親の死後、金融機関から突然の督促状が…… 知られざる身内の借金をどう処理すべきか

    ダイヤモンド・オンライン

    10/23

  • 「相続」は期限延長も可能に コロナ禍での「死後の手続き」

    「相続」は期限延長も可能に コロナ禍での「死後の手続き」

    週刊朝日

    6/25

    相続の準備、最低限は「財産リスト作り」 揉めそうなら遺言書の作成も

    相続の準備、最低限は「財産リスト作り」 揉めそうなら遺言書の作成も

    週刊朝日

    11/15

  • 故人の預金引き出しで相続放棄不可能に…知っておきたい「死後の手続き」

    故人の預金引き出しで相続放棄不可能に…知っておきたい「死後の手続き」

    週刊朝日

    1/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す