2011年以降千人以上も 「死にたい」「つらい」被災地を覆う自殺

東日本大震災

2014/03/06 11:30

 東日本大震災から、もうすぐ3年。その後に大切な人を失うなど、被災者を新たな悲しみが襲う。2011年以降、岩手・宮城・福島の被災3県の沿岸部の自治体だけで千人以上が自殺している。フリーライターの山川徹氏がその現場を訪れた。

あわせて読みたい

  • 被災地の

    被災地の"応援教師"の奮闘をリアルに描いた小説 『そして、星の輝く夜がくる』

    BOOKSTAND

    3/10

    遠慮して申請しない場合も 「震災自殺」がつかめない理由

    遠慮して申請しない場合も 「震災自殺」がつかめない理由

    週刊朝日

    3/10

  • 【震災10年】被災者が伝え続ける「逃げて」 避難スイッチ決めて避難の「素振り」を

    【震災10年】被災者が伝え続ける「逃げて」 避難スイッチ決めて避難の「素振り」を

    AERA

    3/6

    江川紹子氏が被災地で見た「語り合うことの大切さ」

    江川紹子氏が被災地で見た「語り合うことの大切さ」

    週刊朝日

    9/19

  • 東日本大震災から3年 被災者の「グリーフ」が自殺を増加させる?

    東日本大震災から3年 被災者の「グリーフ」が自殺を増加させる?

    週刊朝日

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す