村上春樹作品に登場した中頓別町 炎上騒動に困惑

村上春樹

2014/02/20 11:30

 村上春樹氏の小説の表現をめぐり、北海道の小さな町が騒動になっている。月刊誌「文藝春秋」2013年12月号に掲載された村上氏の短編小説「ドライブ・マイ・カー」に、北海道中頓別(なかとんべつ)町出身の女性が登場する。この女性が火のついたたばこを車の窓から捨てる場面で、主人公が<たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう>と思う。

あわせて読みたい

  • 村上春樹「公開インタビュー」で報じられなかったトリビア集

    村上春樹「公開インタビュー」で報じられなかったトリビア集

    週刊朝日

    5/15

    村上春樹の『一人称単数』に劣情感じる? 「文學界」の“読書会”を批評

    村上春樹の『一人称単数』に劣情感じる? 「文學界」の“読書会”を批評

    週刊朝日

    8/31

  • 『1月12日はなんの日?』村上春樹氏の誕生日、来月ついに待望の新作発表

    『1月12日はなんの日?』村上春樹氏の誕生日、来月ついに待望の新作発表

    Billboard JAPAN

    1/12

    村上春樹が嫌いなカメラの前に 「90歳まで頑張ります!」と宣言

    村上春樹が嫌いなカメラの前に 「90歳まで頑張ります!」と宣言

    週刊朝日

    7/12

  • 村上春樹が初ラジオDJ 8月5日放送に海外ファンも熱視線

    村上春樹が初ラジオDJ 8月5日放送に海外ファンも熱視線

    週刊朝日

    7/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す