藤巻氏 サントリーの「ジムビーム」買収は安かった? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤巻氏 サントリーの「ジムビーム」買収は安かった?

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加

“伝説のトレーダー”藤巻健史氏は、先日発表された“大型合併”のニュースについて、こう考えている。

*  *  *
 1月13日、サントリーホールディングス(HD)がバーボンウイスキー「ジムビーム」などで知られる米酒造大手ビームを買収すると発表した。大型合併だ。

「サントリーHDはかなり高い買い物をした」との論評が多かったが、私はそうは思わない。円が今後、大幅に安くなると予想するなら、個人であろうと企業であろうと海外投資は合理的である。円で考えると、将来、「非常に安い投資だった」と言われる可能性は十分にある。勝手な想像だが、サントリーHD経営陣の思惑はそんなところにもあったのでは?

週刊朝日  2014年2月14日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

藤巻健史

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務めた。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)、新著「日銀破綻」(幻冬舎)も発売中

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい