浅田真央 実は妖精ではなく「氷上の吉本」? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浅田真央 実は妖精ではなく「氷上の吉本」?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソチ五輪では真央の集大成に熱い視線が集まることだろう (c)朝日新聞社 

ソチ五輪では真央の集大成に熱い視線が集まることだろう (c)朝日新聞社 

 2013年12月のグランプリファイナルで2季連続4度目の優勝を果たした浅田真央(23)。14年2月のソチ五輪での引退を表明している。スポーツライターの青嶋ひろのさんが、真央の歩んできた道のりを描いた。

*  *  *
 12年2月、四大陸選手権の開かれていた米コロラドスプリングス。トイレでおかしな動きをする浅田真央を見かけた。

 手をかざせば紙タオルが自動的に出てくる機械を前に、いかに手を素早く引いてタオルを出させないか、で彼女は遊んでいたのだ。こちらはどんなに素早く手を引いても、紙タオルが出てきてしまう。「だめですよぉ、こうですよ!」と、真央は笑い転げていた。

 こんな真央は久しぶりだと思った。10年前の写真を見返すと、フライドチキンの店で、棒アイスにかじりついている姿がある。

 取材中に、「真央、ガリガリ君が食べたい!」とコンビニへ走っていき、頬張りながら機嫌よく話を続けた。

「氷上の妖精じゃなくて、氷上の吉本」とは、母の匡子さんの当時の言葉。あれから彼女にはいろいろなことがあったけれど、素の部分は、実はそれほど変わっていないのかもしれない。

 変わったのは彼女に向けられる視線のほうだろう。オリンピック出場年齢に満たないのに、金メダル候補を負かした、05年。その瞬間から、ひとつのストーリーができあがってしまった。

 いつかこの子は、オリンピックで金メダルを取る。目には見えない重い枷(かせ)を、彼女も無意識に感じたのだろう。やがてコロコロと笑わなくなった。涙も増えた。

 そして、ソチ・オリンピックシーズン。「今回こそ金メダル?」。話題はそればかりだ。グランプリファイナルでは優勝したが、真央の状況はそれほどやさしいものではない。ライバル金妍児(キムヨナ)だけでなく、ロシアや米国の若手は、みな鮮やかに3回転―3回転を跳ぶ。彼女はそれにトリプルアクセルで対抗するわけだが、まだ今季、完璧に決めるところは一度も見せていない。

 時代はアイコンとして、真央にオリンピックの金メダルを課し続けてきた。彼女のストーリーは、金メダルでやっと完結する、とでもいうように。でもせっかくの2度目のオリンピック。どうかその枷を外して、彼女を見てあげてほしい。

 15歳から、23歳へ。浅田真央の8年間を、私たちはせっかくつぶさに見てこられたのだ。人に見られるために存在する女優やタレントのそれではなく、ひたすらひとつのものに打ち込んだ女の子の、美しい8年間の成長を。日本人がこんな形で目の当たりにするのは、初めてではないだろうか。

週刊朝日  2014年1月3・10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい