日テレ・石川牧子元アナが7年間続けた「遠距離介護」

介護を考える

2013/12/03 07:00

 いざとなると戸惑う親の介護。仕事を持っていれば離職するかどうかと迷い、長引けば自分の健康も心配だ。日テレ学院学院長の石川牧子さん(64)の母親がパーキンソン病で亡くなったのは15年前。石川さんはテレビ局のアナウンサーとして第一線で働きながら、東京―仙台の「遠距離介護」を7年間続けた。

あわせて読みたい

  • 「頻繁に帰る」と約束はNG  「遠距離介護」のポイント10

    「頻繁に帰る」と約束はNG 「遠距離介護」のポイント10

    週刊朝日

    6/12

    交通費はどちらが持つのが鉄則? 正しい「遠距離介護」とは?

    交通費はどちらが持つのが鉄則? 正しい「遠距離介護」とは?

    週刊朝日

    6/12

  • 介護に行けず「少しほっとした」 遠距離介護のツラい現実と三つの問題

    介護に行けず「少しほっとした」 遠距離介護のツラい現実と三つの問題

    週刊朝日

    7/7

    安易に転居、離職はしない 遠距離介護を乗り切る7カ条

    安易に転居、離職はしない 遠距離介護を乗り切る7カ条

    週刊朝日

    7/14

  • ウィズコロナの遠距離介護 生まれた新たな問題とデジタル活用

    ウィズコロナの遠距離介護 生まれた新たな問題とデジタル活用

    週刊朝日

    7/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す