綾戸智恵 母の介護を続けて10年「お葬式が楽しみです」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

綾戸智恵 母の介護を続けて10年「お葬式が楽しみです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャズシンガーの綾戸智恵さん(56)は、2004年に脳梗塞で倒れ、のちに認知症となった母ユヅルさん(88)を10年介護している。

*  *  *
 私、母のお葬式が楽しみです。どんなふうにしようかと練ってます。夢に見るときもあります。そんなこと言ったら驚かれますか?

 でもね、10年近くも介護してると、母との別れの準備は十分にできてる。母が死んだらどうしよう、というのはもうないです。そりゃ、泣くことは泣きまっせ。母が去ってゆくことの悲しみに対してはね。でも、終わったなあという満足感があると思う。きれい事は言えない性分なんですわ。

 この間、ヒールにカビが生えているのを見つけて、10年という時間を感じました。おばあちゃん(綾戸さんは母をこう呼ぶ)の介護で、ヒールを履くような服を着るチャンスがなくて、靴箱に長いこと眠っとったんですよ。もし介護が1年やったら、カビなんて生えへんかった。海外でCDを作れたかもしれんし、再婚できたかもしれん(笑)。

 1年で終わったほうがよかったなと思うときもあるけど、10年介護したからこそ感じられる喜びもある。

 私には22歳になる息子がいます。私がおばあちゃんの世話をする姿を見せることだけが、息子への教育です。介護で入学式も参観日も行けなかった。あの子が入試の時期に、先生から「お母さん、もうちょっと見てあげてください」と言われたんです。そのとき私は息子にこう言いました。

「あんたがお母さんの介護を手伝って高校落ちたら、親孝行してたからっていう理由があるやんか。でも親の面倒もみんと、高校落ちてみ。親不孝やわ、進学できんわで最低やで」

 いまとなっては、よその家族では考えられないことを言ったと思う。あのときは必死でした。でも、あの子、友だちや近所の人に助けてもらいながら、無事高校にも受かりました。世の中生きるの、上手になりました。ええ子ですわ。

週刊朝日 2013年12月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい