「終戦のエンペラー」は64年前にプロパガンダ映画として企画されていた!

2013/09/30 07:00

 米国占領下の日本で繰り広げられた、天皇の戦争責任をめぐるドラマを描いた映画「終戦のエンペラー」。この作品は今夏に公開されたが、実は64年前に同じ内容の映画が日米で企画され、頓挫していた。その秘話に迫る。

あわせて読みたい

  • 東條英機元首相ら7人のA級戦犯の処刑 謎を解く米文書

    東條英機元首相ら7人のA級戦犯の処刑 謎を解く米文書

    週刊朝日

    5/18

    田原総一朗 「マッカーサーの『決断』だけでは戦後は終わらない」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗 「マッカーサーの『決断』だけでは戦後は終わらない」

    週刊朝日

    8/11

  • 昭和天皇、キリスト教に関心の理由

    昭和天皇、キリスト教に関心の理由

    週刊朝日

    9/27

    天皇を驚かせた田中角栄の流儀とは? 保阪正康が読み解く

    天皇を驚かせた田中角栄の流儀とは? 保阪正康が読み解く

    週刊朝日

    10/18

  • 世界の「終戦の日」は8月15日ではない!?  日付、呼び名、解釈が異なる世界の「終戦の日」

    世界の「終戦の日」は8月15日ではない!?  日付、呼び名、解釈が異なる世界の「終戦の日」

    tenki.jp

    9/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す