子宮頸がん 性経験が豊富なほどなりやすいってホント?

がん

2013/09/17 07:00

 子宮頸がんの原因の95%以上は、おもに性交渉によって男性から感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)によるものだ。そのため性経験が豊富なほど、がんの発症リスクが高まりやすいと思われがちだが、筑波大学病院産婦人科教授の吉川裕之医師は「それはまったくの間違いだ」と憤る。

あわせて読みたい

  • 子宮頸がんに関する記事一覧

    子宮頸がんに関する記事一覧

    1/1

    子宮頸がんワクチン 積極的勧奨が中止のままの日本にあるこれだけのリスク 

    子宮頸がんワクチン 積極的勧奨が中止のままの日本にあるこれだけのリスク 

    dot.

    11/4

  • コロナ禍で子宮頸がんワクチン積極勧奨再開先送りで圧倒的出遅れをどうする?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    コロナ禍で子宮頸がんワクチン積極勧奨再開先送りで圧倒的出遅れをどうする?

    dot.

    9/8

    子宮頸がんワクチン 日本で積極的勧奨中止のままだと5000人以上が死亡する
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    子宮頸がんワクチン 日本で積極的勧奨中止のままだと5000人以上が死亡する

    dot.

    7/1

  • 20、30代から罹患リスクある「子宮頸がん」 性行為前のワクチン接種を

    20、30代から罹患リスクある「子宮頸がん」 性行為前のワクチン接種を

    週刊朝日

    4/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す