「遺書」は改ざん もんじゅ事故調査中に起きた不可解な死

原発

2013/04/16 07:00

 1995年12月、高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏れ事故を受け、旧動燃(動力炉・核燃料開発事業団=現・日本原子力研究開発機構)の総務部次長だった西村成生(しげお)氏は内部調査チーム員として活動していた。しかし、氏は突然、ホテルで不可解な死を遂げる。ジャーナリストの今西憲之氏と週刊朝日取材班が関係者に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • ナゾの死を遂げたもんじゅ調査担当者 死の直前の言葉

    ナゾの死を遂げたもんじゅ調査担当者 死の直前の言葉

    週刊朝日

    3/6

    動燃、反原発派の見学者に大パニック

    動燃、反原発派の見学者に大パニック

    週刊朝日

    3/30

  • 自殺した近畿財務局職員の遺書公開…そもそも「森友学園問題」はどう始まったのか

    自殺した近畿財務局職員の遺書公開…そもそも「森友学園問題」はどう始まったのか

    dot.

    4/8

    原発施設反対派に露骨な“監視”する動燃

    原発施設反対派に露骨な“監視”する動燃

    週刊朝日

    3/7

  • もんじゅ事故 「西村ファイル」に残された生々しい記録

    もんじゅ事故 「西村ファイル」に残された生々しい記録

    週刊朝日

    4/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す