高校の「私高公低」は60年代の入試制度のせい

出産と子育て

2013/04/04 07:00

「私高公低」と言われるようになって久しい難関大学の合格者数。しかし過去には、公立校の存在感が大きい時代もあった。なぜ傾向が変わったのか、時代背景を振り返ってみた。

あわせて読みたい

  • 公立中高一貫校の時代がくる? 専門家の意見

    公立中高一貫校の時代がくる? 専門家の意見

    週刊朝日

    4/3

    明暗分かれた関西の名門校 トップと凋落する高校の差とは

    明暗分かれた関西の名門校 トップと凋落する高校の差とは

    週刊朝日

    5/20

  • 2013年東大合格者数No.1の公立高は?

    2013年東大合格者数No.1の公立高は?

    週刊朝日

    3/25

    唯一公立がトップ君臨の埼玉 大学入試ライバル校対決【東日本編】

    唯一公立がトップ君臨の埼玉 大学入試ライバル校対決【東日本編】

    週刊朝日

    4/5

  • 変わる「名門高校」 渋幕の躍進は女子の共学志向にあり?

    変わる「名門高校」 渋幕の躍進は女子の共学志向にあり?

    週刊朝日

    3/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す