iPS臓器普及で「国民皆100歳」になり年金制度崩壊?

介護を考える

2013/03/15 11:30

 理化学研究所はこのほど、世界で初めて、iPS技術で作製した網膜細胞の移植を厚生労働省へ申請した。これは加齢黄斑変性の患者の治療などに応用できる技術で、ニュースキャスターの辛坊治郎氏は、この研究が進めば今後は「怪我や病気で傷んだ臓器を自動車部品のように交換できる日が訪れるだろう」と話す。しかし、その一方で、日本の年金などの社会保障制度への不安を指摘する。

あわせて読みたい

  • iPS細胞を使った夢の治療 眼の病気で初の実用化が進む理由

    iPS細胞を使った夢の治療 眼の病気で初の実用化が進む理由

    週刊朝日

    4/14

    稲盛和夫×山中伸弥特別対談「神の領域 夢と苦悩」iPS治療 世界初の実施

    稲盛和夫×山中伸弥特別対談「神の領域 夢と苦悩」iPS治療 世界初の実施

    週刊朝日

    9/25

  • iPS細胞で今夏にも移植手術 目の難病「加齢黄斑変性」に希望の光

    iPS細胞で今夏にも移植手術 目の難病「加齢黄斑変性」に希望の光

    dot.

    3/25

    iPS細胞を使った網膜治療を実現させた高橋政代さん「はじめは笑われました」

    iPS細胞を使った網膜治療を実現させた高橋政代さん「はじめは笑われました」

    dot.

    7/5

  • 「舵取りを誤るな」 iPS細胞で日本がトップでいるために

    「舵取りを誤るな」 iPS細胞で日本がトップでいるために

    週刊朝日

    8/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す