もう「南極2号」じゃない 進化するラブドールが日本を救う?

2013/01/08 07:00

 あの「南極2号」から数十年、世の中にも広く知られてきたラブドール。現在では従来のダッチワイフのイメージを覆す精巧さを持っているが、将来はさらに進化を遂げ、高齢者の癒やしに役立てたいと考えている人がいる。オリエント工業代表取締役の土屋日出夫(68)氏だ。

あわせて読みたい

  • ダッチワイフの起源は? 「大人のおもちゃ屋」の歴史を辿る

    ダッチワイフの起源は? 「大人のおもちゃ屋」の歴史を辿る

    週刊朝日

    9/9

    “ラブドール”はなぜ世界で注目されているのか? 精神科医・和田秀樹が分析

    “ラブドール”はなぜ世界で注目されているのか? 精神科医・和田秀樹が分析

    週刊朝日

    3/4

  • みうらじゅんも愛用? 進化を遂げた新世代“ラブドール”

    みうらじゅんも愛用? 進化を遂げた新世代“ラブドール”

    週刊朝日

    3/4

    夫婦仲は円満だけど“ラブドール”と同棲 悩める男性の救世主なるか?

    夫婦仲は円満だけど“ラブドール”と同棲 悩める男性の救世主なるか?

    週刊朝日

    3/4

  • “美人すぎる劇団員”糸原美波、ラフィネ新CMでキャッチーなダンスを披露

    “美人すぎる劇団員”糸原美波、ラフィネ新CMでキャッチーなダンスを披露

    Billboard JAPAN

    3/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す