「桐島、部活やめるってよ」でデビューの俳優はオファー殺到 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「桐島、部活やめるってよ」でデビューの俳優はオファー殺到

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
東出昌大1988年生まれ。埼玉県出身。昨年、映画「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビュー。今年はWOWOWで2月から放送開始の連続ドラマ「CLAMPドラマホリック~xxxHOLiC~」に出演(撮影/写真部・東川哲也)

東出昌大
1988年生まれ。埼玉県出身。昨年、映画「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビュー。今年はWOWOWで2月から放送開始の連続ドラマ「CLAMPドラマホリック~xxxHOLiC~」に出演(撮影/写真部・東川哲也)

 埼玉県出身の東出昌大(ひがしで・まさひろ)は昨年、3カ月間で5回のオーディションを重ね、俳優としてのデビューをきった。「これから俳優としてやっていく覚悟がないと、この役はあげられないよ」という監督の言葉で、パリコレでも活躍したモデル業を捨てた。役者一本に絞って打ち込んだ映画「桐島、部活やめるってよ」で見せた憂いを秘めた演技は、多くの人の心を射ぬいたはずだ。

 189センチの長身、キリリとした眉が魅力の端正な顔立ち。「日本文学顔」と名付けたい思慮深い表情をときおり見せる。趣味は読書で、取材の日も三島由紀夫の文庫本を手に現場に現れた。

「俳優になってからは、読書をしても、人の心の機微が繊細に描かれているところは丁寧に読んでしまいます。映画も仕事になってから見方が変わりました。『仕事なのに妙に楽しいぞ』って。こんなでいいのかな(笑い)」

 現在、オファーが殺到し、今年は未発表のものも含め多くの出演作が控えている。2月放送開始の漫画原作のドラマで特殊効果の撮影に初挑戦した。

「なりふりかまわず走ろうと思ってます。休みのことなんて考えてません」

週刊朝日 2013年1月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい