ペンネーム「倉本聰」が会社に内緒で脚本執筆していたころ

ドラマ

2012/12/22 16:00

「北の国から」をはじめ、数々のドラマを世に送り出してきた脚本家・倉本聰さん。大学時代は劇団で演出と脚本について学び、卒業後はニッポン放送に入社。会社には内緒で、アルバイトとして「倉本聰」名義で活動を始めたという。

あわせて読みたい

  • 東大出身の脚本家・倉本聰が明かす“ギリ研”の思い出 「大学に行かずとも4年間で得た財産があった」

    東大出身の脚本家・倉本聰が明かす“ギリ研”の思い出 「大学に行かずとも4年間で得た財産があった」

    AERA

    9/18

    倉本聰、富良野に移住後「東大との宿縁感じ、ギョッとしました」 大宮エリーに語る

    倉本聰、富良野に移住後「東大との宿縁感じ、ギョッとしました」 大宮エリーに語る

    AERA

    9/30

  • 大宮エリーが倉本聰から教わった二つの言葉「チックと貧幸」 東大ふたり同窓会を振り返る

    大宮エリーが倉本聰から教わった二つの言葉「チックと貧幸」 東大ふたり同窓会を振り返る

    AERA

    10/10

    脚本家・倉本聰「作品の『チック』は喫茶店での“盗聴”で育てた」 大宮エリーとの“東大対談”で明かす

    脚本家・倉本聰「作品の『チック』は喫茶店での“盗聴”で育てた」 大宮エリーとの“東大対談”で明かす

    AERA

    9/24

  • 倉本聰が語る石原裕次郎の幻の映画企画「船、傾きたり」シナリオ90枚 石原プロ解散

    倉本聰が語る石原裕次郎の幻の映画企画「船、傾きたり」シナリオ90枚 石原プロ解散

    週刊朝日

    1/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す