ミサイル発射の黒幕は「北朝鮮のラスプーチン」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミサイル発射の黒幕は「北朝鮮のラスプーチン」

このエントリーをはてなブックマークに追加
軍事ジャーナリスト・黒井文太郎週刊朝日#北朝鮮

 国際的な非難を受けながらも、北朝鮮は12月12日、大型ロケット「銀河(ウナ)3号」による人工衛星「光明星(クァンミョンソン)3号」の打ち上げを強行した。

 この発射成功で、かねて打ち出してきたスローガン「強盛大国」の目標年である2012年の終わりに、金正恩(キムジョンウン)第1書記の面目は保たれたことになった。しかし、そんな彼の周囲から、なにやら不穏な空気を示唆する情報が漏れ伝わってきている。

 たとえば、12月6日付の「朝鮮日報」は、金正恩が「私の警護を保障する事業に最大の注意を払え」との指示を出し、官邸など専用施設30カ所に装甲車100台が配備された――と報じた。まるで金正恩がクーデターを恐れているかのような話だが、実際のところ、自身の安全に不安を感じているのは、この若き独裁者ではなく、むしろ2人の最高幹部だろう。

 張成沢(チャンソンテク)・国防副委員長と崔竜海(チェリョンヘ)・軍総政治局長。張成沢は故・金正日の実妹の夫で、金正恩の義理の叔父にあたる人物である。崔竜海は、その張成沢の昔からの側近だ。現在の北朝鮮の体制は、まだ29歳と年若い金正恩を、この2人が補佐するというのが基本形になっている。

 実は、昨年12月に金正恩が政権に就いてからこの1年、北朝鮮の権力中枢では熾烈な権力闘争が続いており、多くの実力者たちが粛清されてきた。オモテ向きは金正恩の実績が着々と積み上げられているように見えるその裏で、体制は今まさに激震の中にあると言っても過言ではない。

 現在、北朝鮮の権力中枢は、ほぼすべて張成沢の息がかかった人物たちで独占された。金正恩は重大な政策のほとんどを、張成沢の助言に依存して行っているものとみられ、張成沢は政権の黒幕として君臨している。いわば「北朝鮮のラスプーチン」である。

週刊朝日 2012年12月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい