食べ物だけじゃない あの習慣が「がんのリスク」を高める

がん

2012/12/11 16:00

 食道がんの手術後に難病を患い、中村勘三郎さんが急逝した(享年57)。また、お笑い芸人や俳優として活躍していた宮迫博之さん(42)が胃がんであることを公表している。がん治療が進んできたとはいえ、働きざかりを急襲する「がん」はやはり恐ろしい。がんの一因に食生活があると言われているが、食べ物だけではない。働きざかりにありがちな「不規則な生活」や「過労」も体の免疫力を失わせ、がんのリスクが高まるという。

あわせて読みたい

  • 雨上がり宮迫も? 「塩分やサプリががんを招く」と専門家

    雨上がり宮迫も? 「塩分やサプリががんを招く」と専門家

    週刊朝日

    12/10

    現役医師500人調査 今すぐ受けたいがん検診、トップは?

    現役医師500人調査 今すぐ受けたいがん検診、トップは?

    週刊朝日

    8/29

  • 5大がん47都道府県ランキング 「がん対策」ができている県できていない県

    5大がん47都道府県ランキング 「がん対策」ができている県できていない県

    週刊朝日

    12/26

    「がん検診控え」で未発見1万人の可能性も 「死亡も増えるのではないか」専門家が懸念

    「がん検診控え」で未発見1万人の可能性も 「死亡も増えるのではないか」専門家が懸念

    AERA

    2/4

  • 医師の95%が「胃がん検査は内視鏡」 バリウム検査が超少数派の理由

    医師の95%が「胃がん検査は内視鏡」 バリウム検査が超少数派の理由

    AERA

    2/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す