室井佑月 石原前都知事を「ヤバイもの見てる感じ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月 石原前都知事を「ヤバイもの見てる感じ」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 作家の室井佑月氏は、10月に石原慎太郎前東京都知事が緊急会見を開くという話を聞いた際、都知事を退くことを考えホッとしていたという。また「尖閣購入の件を反省したのか」とも思ったというが、実際の会見を見たときには怖さを感じたという。

*  *  *
 緊急会見の石原さんは、ピンピンしていてやる気に満ちてて、あたしは正直、怖かった。ヤバいものを見ている感じ。

 石原さんいわく、「都民のためにもっと役に立つ仕事をしようとしている」だって。ホントか?

 東京新聞の筆洗というコラムに書いてあった。森喜朗元首相が産経新聞のインタビューで語っていたことが。「昨年四月の都知事選に出馬する意思のなかった石原慎太郎知事を、前自民党幹事長で長男の伸晃氏と二人で説得したという。『ここで降りたら党幹事長でもある伸晃君のためにならない。彼の首相の芽はなくなるよ』」。

 んで、夜中まで説得し、4期目の都知事選に出馬することになったらしい。

 こんなことを手柄のように話す森さんてアホだな、…じゃなかった。つまり、彼を現役でいるように引き止めたのは、息子の存在だ。

 だとしたら今回の、知事を辞め新党作って国政へというのだって、そういう気持ちの延長なんじゃないのか。

 自民党の長老たちが息子を総裁にしてくれるっていってたのに、話が違うだろ。舐めてんのか、えっ! この俺を誰だと思ってる? 嫌がらせしたろか。もう一度、息子の処遇について、話し合おうじゃないの。

 あたしにはそういうことのような気がしてならない。しかし、そういっているマスコミはない。

週刊朝日 2012年11月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

室井佑月

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい