尾木ママ「いじめ自殺」学校、市教委の態度に再び呆れる

出産と子育て

2012/10/09 11:47


 滋賀県大津市の中学2年生が自ら命を絶った日から、1年が経とうとしている。「いじめ」の実態が浮き彫りになっていく中、市の第三者調査委員会がその真相解明を進めている。だが、教育行政にはびこる悪弊は根深いようだ。

あわせて読みたい

  • 尾木ママが「教育委員会は日本教育の『がん』」と怒る

    尾木ママが「教育委員会は日本教育の『がん』」と怒る

    週刊朝日

    8/30

    「いじめ隠蔽」は人事異動と海外視察が原因か

    「いじめ隠蔽」は人事異動と海外視察が原因か

    週刊朝日

    7/23

  • 「自殺は子宮頸がんワクチンの影響では?」と出水市教委が発言していた

    「自殺は子宮頸がんワクチンの影響では?」と出水市教委が発言していた

    週刊朝日

    8/27

    桜宮高2自殺 バスケ部顧問の体罰は「焦り」が原因?

    桜宮高2自殺 バスケ部顧問の体罰は「焦り」が原因?

    週刊朝日

    1/17

  • 前川前事務次官への圧力問題 文科省をはねつけた市教委の神対応に称賛の声

    前川前事務次官への圧力問題 文科省をはねつけた市教委の神対応に称賛の声

    dot.

    3/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す