54億円が消えた 新特許システム開発中止のムダ

2012/10/09 11:45

 特許庁による公金54億円をつぎ込んだ新システムの開発が中断している。突然の中断を発表したのは、今年1月24日。枝野幸男・経済産業相は「大変申し訳なく思う」と謝罪した。だが、事は大臣の謝罪で済まされる問題ではない。化学大手「日油」の早崎泰・知的財産部長はこう話す。

あわせて読みたい

  • 54億円がふいに 東芝子会社の下請けは実績なし

    54億円がふいに 東芝子会社の下請けは実績なし

    週刊朝日

    10/9

    熾烈な国際特許戦争と日本の政策の危うさ

    熾烈な国際特許戦争と日本の政策の危うさ

    週刊朝日

    10/31

  • 東芝「原発は安定事業」と誤判断 “寝たきり原発”にすがる悲惨な実態

    東芝「原発は安定事業」と誤判断 “寝たきり原発”にすがる悲惨な実態

    週刊朝日

    3/9

    古賀茂明「日の丸背負う三菱重工の“没落”と経産省失敗の本質」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「日の丸背負う三菱重工の“没落”と経産省失敗の本質」

    dot.

    12/25

  • Apple、曲中の汚い言葉を自動で削除・置換する新特許取得

    Apple、曲中の汚い言葉を自動で削除・置換する新特許取得

    Billboard JAPAN

    4/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す