総裁選「怖いのは町村氏ではなく石原氏」とライバル陣営 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

総裁選「怖いのは町村氏ではなく石原氏」とライバル陣営

このエントリーをはてなブックマークに追加

「細野擁立劇」が成功すれば、「どう民意が転ぶかわからない」(参院幹部)と警戒警報を発令していた自民党は、野田佳彦首相の続投が事実上決まってホッと一安心。誰が「次期首相」の座を襲うかを決める、壮絶な党内バトルが再開された。

 総裁選出馬を目指す安倍晋三元首相(57)と、石破茂前政調会長(55)による6日の合同勉強会でも、つばぜり合いが演じられた。

 2007年参院選の大敗後も首相続投宣言した安倍氏に対し、石破氏は直後の総務会や両院議員総会で「どこを反省しているか、具体的にしてほしい」などと先陣を切って追及した。こうした過去のしこりから、「いまだに石破は信用できない」と勉強会をサボタージュした安倍氏側近もいる。

 領土保全がテーマの勉強会で、安倍氏の盟友、衛藤晟一(せいいち)元厚労副大臣(64)が、「そのときそのときで発言が違う。大局観に極めて疑問がある」と石破氏の安全保障観を真っ向から批判。さらにヒートアップしたため、石破氏側近の鴨下一郎元環境相(63)が「紳士的にやろうよ」とたしなめる一幕もあった。

 安倍、石破両氏が警戒するのは、いち早く出馬宣言をした町村信孝元官房長官(67)ではなく石原伸晃幹事長(55)だ。長老議員からの覚えめでたく「議員の基礎票は一番多い」(石破氏側近)からだ。

※週刊朝日 2012年9月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい