駐中国大使襲撃事件「ここがおかしい」と専門家が指摘

尖閣

2012/09/04 07:17

「隣人」の暴走が止まらない。丹羽字一郎・駐中国大使(73)の乗る車が白昼堂々と襲撃された前代未聞の事件。その背景には、「愛国無罪」の精神を教え込まれた中国の若者たちと、その愛国教育を進め、権力闘争の渦中でうごめく彼の国の実力者たちの姿が見え隠れする。

あわせて読みたい

  • 駐中国大使襲撃事件 犯人はエリート層か

    駐中国大使襲撃事件 犯人はエリート層か

    週刊朝日

    9/4

    反日デモの背後に中国最高指導部の人事めぐる暗闘

    反日デモの背後に中国最高指導部の人事めぐる暗闘

    AERA

    9/28

  • 習近平指導部、高齢者も「お構いなし」拘束 識者も驚き

    習近平指導部、高齢者も「お構いなし」拘束 識者も驚き

    AERA

    6/15

    細野電撃訪中と対中工作の全貌

    細野電撃訪中と対中工作の全貌

    週刊朝日

    10/7

  • 「やりすぎ」反日デモは反胡錦濤派が主導?

    「やりすぎ」反日デモは反胡錦濤派が主導?

    週刊朝日

    9/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す