次はオレか? 「いじめ自殺」大津市教育長襲撃の余波 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

次はオレか? 「いじめ自殺」大津市教育長襲撃の余波

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 中学生のいじめ自殺問題で揺れる大津市に激震が走った。連日の記者会見に出席していた同市の沢村憲次教育長が8月15日朝、若い男にハンマーで襲われた。殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたのは、さいたま市の私立大1年生(19)だった。

 犯行直後の男を取り押さえた同市職員が振り返る。

「教育長は午前8時前ぐらいに出勤されました。すぐ後ろに若い男性がひっつくようにして教育長室に入っていくのが見えました。てっきり面会の約束を取っているのだと思いましたが、数秒後に『ギャー』というフロア中に聞こえるほどの大きな叫び声が聞こえてきたんです」

 急いで教育長室に入っていくと、血まみれの沢村教育長が、若い男と両手で組み合っている姿が見えた。

 19歳の男は容疑を認め、「いじめ自殺問題で、教育長が真実を隠していると思い、許せなかった。殺そうと思った」と供述しているという。

「ついに人に危害が加わる事件が起きたか、という話になっています。教育長以外でもネット上で名前や住所、顔写真まで公開されている人もいる。次は自分なんじゃないかと、恐れてますよ」(市教委職員)

※週刊朝日 2012年8月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい