障害児を抱える母子家庭に潜む「餓死の危機」、周囲に理解されず

出産と子育て

2012/07/20 07:00

 全国で相次いだ今冬の「孤立死」事件。東京都立川市のマンションでこの冬、母子家庭の親子が亡くなった。4歳の息子は知的障害と発達障害を併せ持っていた。遺体で発見された当初、母親のYさんはフローリングの床に倒れ、息子のRくんはすぐそばのソファにうつぶせで息絶えていたという。Yさんの死因はくも膜下出血で、Rくんは死因は特定されていないが、衰弱死(=餓死)だとみられている。

あわせて読みたい

  • 弁当を前に4歳児が餓死? 立川母子孤立死の惨状

    弁当を前に4歳児が餓死? 立川母子孤立死の惨状

    週刊朝日

    7/19

    支援学級・学校へ押し出される発達障害の子たち

    支援学級・学校へ押し出される発達障害の子たち

    AERA

    5/24

  • 採用面接ではわからない発達障害 高学歴な人も多数

    採用面接ではわからない発達障害 高学歴な人も多数

    AERA

    9/28

    発達障害の子育て 親の思い通りよりも「この子ありき」が大事

    発達障害の子育て 親の思い通りよりも「この子ありき」が大事

    AERA

    6/7

  • 認知症と間違われやすい…「シニアの発達障害」の実態とは?

    認知症と間違われやすい…「シニアの発達障害」の実態とは?

    週刊朝日

    1/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す