68歳男性 「腰部脊柱狭窄症」による足のしびれを「傷の小さい手術」で克服

2012/06/07 16:00

 神経の通路である脊柱管などが狭くなることで、下肢の痛みやしびれ、休み休みでないと歩けない(間欠破行=かんけつはこう)などの症状が起こる腰部脊柱狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、高齢化により増加傾向にある。

あわせて読みたい

  • 「腰部脊柱狭窄症」で手術するのは「途中休まないと歩けない」かどうかが目安

    「腰部脊柱狭窄症」で手術するのは「途中休まないと歩けない」かどうかが目安

    週刊朝日

    6/6

    加齢現象の一つ「腰部脊柱管狭窄症」はこんな病気

    加齢現象の一つ「腰部脊柱管狭窄症」はこんな病気

    週刊朝日

    6/2

  • 症状がないから気づかない!? 65歳以上の8割以上が患う病気「脊柱管狭窄症」とは

    症状がないから気づかない!? 65歳以上の8割以上が患う病気「脊柱管狭窄症」とは

    週刊朝日

    2/5

    しびれや痛みで歩くのが困難… 椎間板ヘルニアより患者数が多い「脊柱管狭窄症」の怖さ

    しびれや痛みで歩くのが困難… 椎間板ヘルニアより患者数が多い「脊柱管狭窄症」の怖さ

    週刊朝日

    1/25

  • 腰痛で排尿・排便障害に!? 手術しないで治すには

    腰痛で排尿・排便障害に!? 手術しないで治すには

    dot.

    11/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す