カルーセル麻紀さん 「●●●を取ったらもてなくなった」

2012/06/07 16:00

 おネエ系タレントの先駆け的存在であるカルーセル麻紀さん。19歳の時に大阪で睾丸摘出手術、30歳の時にモロッコで性転換手術(男性器除去、造膣)を受けた。「手術して変わったのは、むしろ男っぽくなったってこと」とご本人。そして、男性にもてなくなったという。彼女が男に捨てられないために定めた3カ条とは。

あわせて読みたい

  • カルーセル麻紀「私の本質は男。気に入らないことは机ひっくり返して闘ってきた」

    カルーセル麻紀「私の本質は男。気に入らないことは机ひっくり返して闘ってきた」

    AERA

    6/10

    なぜ「おネエ」ばかりがテレビで持て囃されるのか?

    なぜ「おネエ」ばかりがテレビで持て囃されるのか?

    AERA

    6/5

  • おネエの生態まるハダカ!? ダラクシー賞

    おネエの生態まるハダカ!? ダラクシー賞

    GALAC

    3/14

    性転換をビジネスチャンスに... 「日本人性転師」たちから見えてくる日本の現状とは

    性転換をビジネスチャンスに... 「日本人性転師」たちから見えてくる日本の現状とは

    BOOKSTAND

    4/28

  • 桜木紫乃×林真理子のガールズトーク「そっちのセイコウね。私、官能出身だから」

    桜木紫乃×林真理子のガールズトーク「そっちのセイコウね。私、官能出身だから」

    週刊朝日

    7/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す