サルコジ大統領 キスしないとうまくスピーチできない?

2012/04/22 07:00


 フランス人ジャーナリストのドラ・トーザン氏は、20年来、パリと日本を行き来しているが、パリに戻るたび、「アムール(愛)の街だ」と感じると話す。パリではみんな街中のあちこちでキスをしているとか。あの大統領も例外ではないという。

*  *  *
 フランス人にとって、大切なのは人生を楽しむこと。アムール、美食、ヴァカンス、文化は生活に不可欠です。仕事も重要ですが、少しでも時間があれば、"アムールの時間"を作る。
 最も手軽な"アムール"がキスなんですね。
 サルコジ大統領は、スピーチの前に必ずカーラ夫人とキスをするとか。そうでないと、うまく話せないんですって(笑い)。政治家が離婚や再婚を繰り返してもスキャンダルにはなりません。自分の気持ちに正直に生きている、とむしろプラスの評価になることさえあります。
※週刊朝日 2012年4月27日号

あわせて読みたい

  • もう日本にも潜んでいる? イスラム過激派「新世代」の脅威

    もう日本にも潜んでいる? イスラム過激派「新世代」の脅威

    dot.

    1/13

    英女王に「退位説」 皇太子は王位譲るのが「償い」?

    英女王に「退位説」 皇太子は王位譲るのが「償い」?

    AERA

    4/30

  • トランプ大統領、“屈辱の演説”の意趣返し? パリの混乱に皮肉

    トランプ大統領、“屈辱の演説”の意趣返し? パリの混乱に皮肉

    AERA

    1/3

    トランプ大統領の無視できない破壊力 COP24に「刺客」送り込み挑発、妨害工作… 

    トランプ大統領の無視できない破壊力 COP24に「刺客」送り込み挑発、妨害工作… 

    AERA

    12/19

  • フランス人は朝ごはんに何を食べている?

    フランス人は朝ごはんに何を食べている?

    BOOKSTAND

    3/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す