虐待を受けた小学男児が「俺はもう死んだ方がいい」と言う現実

2012/02/17 06:52

 児童虐待を受けた子どもたちはその後、どのように育ち、社会に出ていくのか。ノンフィクションライター・橘由歩氏は児童養護施設や里親などを訪ね、取材を続けている。

あわせて読みたい

  • 元厚労相・塩崎恭久が語った「児童養護施設の実態」 役人との大バトルと里親を目指した思い

    元厚労相・塩崎恭久が語った「児童養護施設の実態」 役人との大バトルと里親を目指した思い

    dot.

    3/16

    ドラマ『明日、ママがいない』で注目

    ドラマ『明日、ママがいない』で注目 "社会的養護"とは? 

    BOOKSTAND

    3/23

  • 授業料免除に月10万の奨学金も 児童養護施設出身の学生を支援する大学続々

    授業料免除に月10万の奨学金も 児童養護施設出身の学生を支援する大学続々

    AERA

    6/1

    「親から得られなかった愛情を施設で受けた」児童養護施設出身の女性が同じ境遇の若者を支援 山本昌子<現代の肖像>

    「親から得られなかった愛情を施設で受けた」児童養護施設出身の女性が同じ境遇の若者を支援 山本昌子<現代の肖像>

    AERA

    11/28

  • 児童虐待の相談10年間で3倍以上に増加した背景に「面前DV」?

    児童虐待の相談10年間で3倍以上に増加した背景に「面前DV」?

    AERA

    5/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す