警視庁がたくらむ「2ちゃんねる撲滅作戦」

2011/12/14 13:54

「サイバー犯罪対策課の刑事を中心に20人以上も招集された。全員がそれまで担当していた仕事を別の人に引き継いだり、やめたりして集まった。『2ちゃんねるを潰すこと』のみを任務とする専従捜査員です。こんな異例の招集は警視庁のトップ、樋口建史(たてし)・警視総監からの指示でした。それも、片桐裕(ゆたか)・警察庁長官が警視総監経由で指示を出した"特命事件"だったのです」

 樋口警視総監は8月に、片桐警察庁長官は10月に就任したばかり。警察の"両巨頭"がタッグを組んで最初に手がけた事件、それがこの「2ちゃんねる事件」となった。

 精鋭ハイテクチームは、11月初め、都内某所に特別に設けられたスペースで、2ちゃんねるをくまなくチェックし、犯罪の"萌芽となる事実"の洗い出しを始めた。

「現場のヤル気は相当なもので、万が一失敗したときには捜査幹部が責任を取ることが決まっているとも言われている。捜査員の士気を反映してか、11月上旬には、『麻薬特例法違反』で令状を取ることが決まり、11月24日に北海道と東京で一斉に"ガサ入れ"を行うというハイペースで捜査は進んでいます」(同)

◆捜索の容疑は書き込み放置◆

 家宅捜索の容疑となったのは麻薬特例法違反。法律で規制された薬物を買えるような環境を放置しておくことも、「幇助(ほうじょ)」に当たるため、罪に問える。今回の「2ちゃんねる事件」でも、精鋭ハイテクチームは、違法薬物を売買できる書き込みを放置したこと自体が違法だと見ているようだ。

 いまだ逮捕者は確認できていないが、ある警察庁関係者は今回の家宅捜索の狙いをこう語る。

「まずは、2ちゃんねるがどういう運営実態なのかを明らかにするのが目的のようだ。今はまだ証拠集めの段階。個別の事件で身柄を確保することよりも、犯罪の温床を潰すことが目的のようなので、しばらくは、そのための実態解明に時間をかけるはずだ」

 犯罪の温床--たしかに、ネット掲示板への書き込みが「違法行為」と見なされる事例は増加傾向にある。警察庁から依頼を受け、ネット上の違法情報などの統計を取っている「財団法人インターネット協会」によれば、2011年度上半期の「違法情報」件数は1万9286件で、前年同期よりも約4%増加しているという。そのうち、海外案件などを除く1万2403件が警察に通報されている(内訳は下の表)。

 同協会はプロバイダーを通じて、違法情報の削除を要請しているが、約42%は要請に応じていない。削除依頼に応じないうちの半数以上が、「2ちゃんねる内の書き込み」だとも言われているのだ。

 その理由をIT業界に詳しいジャーナリストの津田大介氏はこう語る。

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • あの人の事情聴取も!警視庁2ちゃんねる撲滅作戦

    あの人の事情聴取も!警視庁2ちゃんねる撲滅作戦

    週刊朝日

    1/12

    禁断の核燃料物質製造に手を染めた高校生ボマーを“指南”した大学生ボマーの正体

    禁断の核燃料物質製造に手を染めた高校生ボマーを“指南”した大学生ボマーの正体

    週刊朝日

    4/13

  • 「上級国民」の高齢ドライバー 原因はブレーキの踏み間違い

    「上級国民」の高齢ドライバー 原因はブレーキの踏み間違い

    週刊朝日

    12/18

    皇居上空にドローンが出没 新天皇の一般参賀控え、警視庁が捕獲作戦 

    皇居上空にドローンが出没 新天皇の一般参賀控え、警視庁が捕獲作戦 

    週刊朝日

    5/3

  • 中国軍に対抗?警察庁に新設のサイバー捜査部隊の敵は「省庁のポスト争い」

    中国軍に対抗?警察庁に新設のサイバー捜査部隊の敵は「省庁のポスト争い」

    dot.

    6/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す