世田谷「ラジウム騒動」で明らかになった行政の怠慢

2011/10/26 17:05

 瓶の中から検出された「ラジウム226」は半減期が約1600年と長く、かつてはがんの放射線治療や、時計の文字盤の夜光塗料としても利用されていた。それが、いったいなぜ床下から――。

あわせて読みたい

  • 民進党の保育士処遇改善策 世田谷区長がアドバイス

    民進党の保育士処遇改善策 世田谷区長がアドバイス

    週刊朝日

    4/1

    東日本はセシウム花粉に 林野庁が本格調査へ

    東日本はセシウム花粉に 林野庁が本格調査へ

    週刊朝日

    11/9

  • 前立腺がん治療薬の廃棄物処理で“被曝”問題

    前立腺がん治療薬の廃棄物処理で“被曝”問題

    週刊朝日

    4/25

    母が認知症に 保坂展人東京都世田谷区長が「認知症条例」で目指す幸福感

    母が認知症に 保坂展人東京都世田谷区長が「認知症条例」で目指す幸福感

    週刊朝日

    11/7

  • 子どもの声は騒音? 賛否両論寄せられた区長のツイート

    子どもの声は騒音? 賛否両論寄せられた区長のツイート

    AERA

    11/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す