大震災「奇跡の生還」本誌記者が現場で見た聞いた

2011/03/28 15:45

 未曽有の大震災から一夜明けた3月12日、本誌記者5人が現場に足を踏み入れた。一つは青森から岩手へ南下するルート、もう一つは福島から宮城へ北上するルート。さらに山形から東を目指すルート。ヒビ割れてひしゃげた道を進み、車を乗り捨てて濁流に埋もれた現地へと分け入っていく。

あわせて読みたい

  • 5分で逃げれば助かる 津波避難のための教訓

    5分で逃げれば助かる 津波避難のための教訓

    AERA

    3/11

    福島県沖の津波から学ぶ、私たちができること

    福島県沖の津波から学ぶ、私たちができること

    tenki.jp

    11/29

  • 原発施設の作業員は? 避難指示圏の避難民は?

    原発施設の作業員は? 避難指示圏の避難民は?

    週刊朝日

    4/19

    「やられていたべな」 被災者が「避難渋滞」でつぶやいた不安

    「やられていたべな」 被災者が「避難渋滞」でつぶやいた不安

    週刊朝日

    12/11

  • 【震災10年】被災者が伝え続ける「逃げて」 避難スイッチ決めて避難の「素振り」を

    【震災10年】被災者が伝え続ける「逃げて」 避難スイッチ決めて避難の「素振り」を

    AERA

    3/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す