アジア8地域の訪日旅行、不満のトップは「英語の通用度」28%-日本政策投資銀行 (1/2) 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アジア8地域の訪日旅行、不満のトップは「英語の通用度」28%-日本政策投資銀行

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本政策投資銀行がアジア8地域で実施した訪日外国人旅行者の意向調査(2014年度版)で、旅行したい国・地域として「日本」と回答した人が55%と最も多く、前回(52%)、前々回(47%)調査よりも人気が高まっている結果となった。地域別では台湾(71%)、香港(66%)、マレーシア(59%)の順で、韓国を除いてすべての地域で1位に。中国は55%となり、前々回よりも10ポイント以上、訪日旅行の意欲が改善した。その他、調査概要は以下の通り。

※調査は2014年9月9日~9月16日まで、アジア8地域(韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア)で実施。対象者は20~59歳の海外旅行経験者の各地域500名、計4000名。

▼実際はパックツアー参加が約7割

ネット予約が主流でOTA利用は約4割

 希望する海外旅行のスタイルは地域によって差異があるものの、全体的には「少人数での旅行」や「事前に細かく予定を立てた旅行」の意向が高かった。実際の訪日旅行の形態は、業務渡航やMICE、留学を除くと、「自由行動日のないガイド付パックツアー」が35%と最多で、「自由行動日のあるガイド付パックツアー」と「航空券とホテルのみのパックツアー」の各17%をあわせると、パックツアーの意向が約7割にのぼる。

 地域別では台湾(45%)を筆頭に香港、シンガポール、マレーシア以外の国で「自由行動日のないガイド付パックツアー」が最多。「航空券とホテルを個別に手配する」は全体の26%で、シンガポール(45%)、香港(32%)、マレーシア(31%)でトップとなった。

 また、パックツアー以外の旅行ではインターネット予約が67%と主流。オンライントラベルエージェント(OTA)の利用が37%と最多で、タイ(53%)のほか中国(50%)も5割を超えた。


トップにもどる トラベルボイス記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい