九州 20日体温を超える猛烈な暑さ 台風6号の影響は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 20日体温を超える猛烈な暑さ 台風6号の影響は

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう20日、九州北部は強い日差しとフェーン現象の影響で、体温を超える猛烈な暑さになる所があります。熱中症の危険が高いですので厳重に警戒して下さい。また、台風6号の影響で、海上は強風やうねりを伴う高波に注意が必要です。

九州北部 体温超えの猛烈な暑さも

きょう20日、九州北部は高気圧に覆われて朝から強い日差しが照りつけて、午前9時頃から気温が30度を超え始めました。

きょうは東より風が吹き、九州の東シナ海側は山越えした空気が熱風となって吹き下ろすフェーン現象が発生して、気温が急上昇する見込みです。

予想最高気温は、福岡県福岡市や久留米市、熊本県玉名市で37度、佐賀市38度など、九州北部は体温を超える猛烈な暑さになるでしょう。

福岡県と長崎県、熊本県には、気象庁と環境省から「熱中症警戒アラート」が発表されています。熱中症の危険が極めて高い気象状況になります。

特に梅雨明け直後は、まだ体が厳しい暑さに十分に慣れておらず熱中症にかかりやすい傾向にあります。

喉が渇く前に、時間を決めて定期的に水分補給を行いましょう。暑さの厳しい時間帯は激しい運動を避け、室内では適切に冷房を利用て涼しい環境で過ごしましょう。高齢者や子どもなどは、暑さの影響をより受けやすいため、周囲で声かけを行うなどしてご注意下さい。

九州 台風6号の影響

20日午前9時現在、台風6号は大東島の南南西の海上にあって時速10キロで西北西に進んでいます。

今後、次第に発達しながら沖縄近海を西よりに進む見込みです。比較的遅い速度で進むため、沖縄地方は影響が長引くでしょう。

九州は台風6号の直接の影響はありませんが、台風と高気圧との間で気圧の傾きが大きくなるため、沿岸海上を中心に東よりの風がやや強く吹く見込みです。

また、九州の太平洋側と東シナ海側の海上は、台風からのうねりが入り波が高くなる所が多く、九州南部はしける見込みです。

あす21日以降もしばらく、海上はうねりを伴う高波に注意が必要です。

台風から離れていても、うねりが入ると沿岸は急に波が高くなり、波にさらわれることがあります。釣りなど海のレジャーは十分にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい