真夏日地点 およそ一か月ぶりに 300地点越え 都心も連日の真夏日 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

真夏日地点 およそ一か月ぶりに 300地点越え 都心も連日の真夏日

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


11日(日)は、九州から関東の太平洋側を中心に晴れて気温がグングン上昇。6月10日以来の観測地点の300以上で最高気温30度以上の真夏日となりました。

三重県や静岡、高知では猛暑日に迫る暑さ

11日(日)は、九州南部で梅雨明けが発表されるなど、九州から関東の太平洋側を中心に晴れています。気温はグングン上昇し、14時までの最高気温が三重県津市で34.9度、静岡県川根本町で34.6度、高知県四万十市中村では34.5度と猛暑日一歩手前まで気温が上がりました。東京都心は31.8度と、きのうに引き続き30度を超えました。全国の観測地点の約350地点で30度以上を観測しました。真夏日が300地点を超えるのは6月10日以来、およそ一か月ぶりになります。

あすも九州から関東にかけては30度以上続出

あす12日(月)は、九州から関東にかけては、雲は多めながらも、日差しは届きそうです。最高気温は30度以上の所が多くなっています。例年、梅雨明けの発表後に熱中症で運ばれる方が増える傾向にあります。特にきょう梅雨明けの発表があった九州南部では、こまめに水分補給を心がけ、適切に冷房を使用するなど熱中症対策を万全になさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい