18日 西から梅雨空が戻る 高温多湿で熱中症の危険度アップ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日 西から梅雨空が戻る 高温多湿で熱中症の危険度アップ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


きょう18日(金)は、沖縄と奄美は梅雨空で激しいや雷雨も。九州と中国・四国地方は朝から雨の所があり、雨の範囲は次第に広がる。近畿、東海、北陸は雲が多く、夕方から夜は雨。日中晴れ間がある関東も夜遅くは雨になる所がある。 東北、北海道は高気圧に覆われて晴れ。最高気温は、夏日や真夏日の所が多い予想で、暑さと湿気で熱中症の危険度がアップ。

気圧配置 梅雨前線停滞 日本海には低気圧発生予想。

沖縄と奄美付近には梅雨前線が停滞するでしょう。南よりの湿った空気が流れ込む影響で、前線の周辺ほど大気の状態が不安定です。昨夜から大雨になっている所を中心に、土砂災害や川の増水、低い土地への浸水に注意警戒が必要です。落雷や突風にもご注意ください。

九州や中国四国には、西から気圧の谷が近づいていて、今夜にかけて日本海西部に低気圧が発生する見込みです。

関東と東北から北海道は、高気圧に覆われますが、高気圧の中心は次第に東に離れるでしょう。

きょうの天気 雨や雷雨に要注意 関東は短い梅雨の晴れ間

沖縄と奄美では、梅雨空で激しい雨や雷雨になる見込みですが、八重山地方では晴れて、強い日差しが照りつけるでしょう。

九州や中国四国地方では、すでに雨の降りだしている所があり、雨の範囲は九州全域や中国四国の全域に広がるでしょう。

近畿は、早い所では昼頃には雨雲がかかり始め、夜にかけて各地で雨になる見込みです。

東海と北陸は、晴れ間の出る所がありますが、雲が広がりやすいでしょう。夜になると雨が降り出す見込みです。

関東と東北、北海道では、日中は晴れる所が多い予想ですが、夜は曇り空に変わる所がほとんどです。一部では夜9時ごろから雨が降るでしょう。

関東と東北、北海道では、午前中濃い霧のかかる所がありますから、クルマを運転される方や小型船舶を操縦される方は、安全運転、安全航行をなさってください。

きょうの気温 夏日、真夏の所が多い 熱中症の危険度アップ

沖縄と奄美は30℃前後の所が多く、宮古島地方と石垣島、与那国島などの八重山地方には、熱中症警戒アラートが発表されています。無理をしないで、暑さを避ける工夫をなさってお過ごしください。

九州から関東は、25℃以上の夏日になる所が多いでしょう。内陸部では30℃以上の真夏日になる所がある見込みです。

東北と北海道は、日本海側を中心に25℃以上になる所が多いでしょう。東北南部の盆地では真夏日になる所がある見込みです。一方、太平洋側では25℃に届かない所が多いでしょう。

九州から東北南部でも、熱中症の危険度がアップしますので、特に屋内で過ごされる方は要注意です。こまめな水分補給を心がけてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい