長野県や東海 午後も発達した雨雲かかる 土砂災害などに厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

長野県や東海 午後も発達した雨雲かかる 土砂災害などに厳重警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


21日、長野県は南部で昼過ぎまで、東海は夜のはじめ頃まで、雷を伴って激しい雨が降る所があるでしょう。東海では、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。土砂災害に厳重に警戒して下さい。低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも警戒が必要です。

長野県南部 24時間でおよそ平年5月ひと月分の雨量

21日、日本海を低気圧が進み、低気圧から延びる前線が、本州を通過中です。前線や低気圧に向かて、南から暖かく湿った空気が流れ込んでおり、東海付近には、発達した雨雲がかかっています。朝、愛知県豊田市小原で、1時間に51.5ミリ、長野県南木曽町で47.0ミリの降水を観測するなど、統計開始以来5月の1位を更新した所がありました。10時までの24時間降水量の日最大値は、長野県南木曽町で218.5ミリを観測、たった24時間で、およそ平年5月ひと月分の雨量になりました。

21日11時現在、砂災害警戒情報が発表されている地域があります。【警戒レベル4相当情報[土砂災害]】が発表されている地域では、避難が必要となる危険な状況となっています。崖や川の近くなど、土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、市町村から発表される避難指示などの情報に注意して下さい。市町村内で危険度が高まっている区域は、気象庁のホームページ等で確認できます。

長野県や東海 午後も発達した雨雲かかる

長野県では南部を中心に昼過ぎまで、東海では夜のはじめ頃まで、雷を伴って激しい雨が降る所があるでしょう。東海では、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。すでに地盤が緩んでおり、土砂災害に警戒が必要です。特に、長野県南部では、昼過ぎにかけて、厳重に警戒して下さい。氾濫危険水位を超えている河川もあります。低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい