2021年桜開花予想 桜前線は青森まで到達 早くも今週中には北海道で開花か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2021年桜開花予想 桜前線は青森まで到達 早くも今週中には北海道で開花か

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


15日、日本気象協会は「2021年桜開花予想(第9回)」を発表しました。桜前線の北上はこのあともいつもの年より早く、今週中には北の大地に到達、23日には札幌で開花するでしょう。

開花と満開の傾向

4月に入ってからも、桜前線は速いスピードで北上しています。2日に山形、4日に秋田、9日に盛岡、13日には青森で開花し、この4地点はすべて最早記録となりました(盛岡はタイ記録)。この後、北海道の松前では16日に開花する予想で早くも北の大地へ桜前線は到達するでしょう。21日に函館、23日には札幌で開花見込みです。

また、開花から満開までにかかる日数は、平年並みのところが多いでしょう。この日数は、北に行くほど短くなる傾向があり、平年値で見ると、東北地方は5日間、北海道は3日間程度のところが多くなっています。13日に開花した青森でも、今週末には満開となる見込みです。

今週は、13日から14日にかけて前線が通過して全国的に雨が降りました。また、週末にも低気圧が近づいて雨が降る見込みです。この雨の後は、大きな気温上昇とはならないものの気温が平年並みか高く経過するため、北海道の各地で平年よりかなり早く開花するでしょう。

※ 桜の開花・満開の統計開始は1953年

※ 気温の統計開始は1946/47年

※ 気温が高い場合、元々温暖な地域は現在より開花が遅れ、元々寒冷な地域は現在より開花が早まる傾向があります

言葉の説明

平年:1981~2010年の平均値

かなり早い :平年より7日以上早い

早い :平年より3日から6日早い

平年並 :平年との差が2日以内

遅い :平年より3日から6日遅い

かなり遅い :平年より7日以上遅いこちらの桜の写真は、北海道・松前町 松前公園(4月12日撮影)の様子です。

たっぷりの日差しを浴びて、色鮮やかなピンク色のつぼみが顔を出しています。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい