九州 3月の平均気温は観測史上最高 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 3月の平均気温は観測史上最高

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


ことしの3月、九州の平均気温は各地で3月としては観測史上最も高く、記録的な暖かさになりました。4月も高温傾向が続き、この先も季節は駆け足で進む見込みです。

3月は記録的な高温

3月の平均気温は、福岡市は13.5度、佐賀市13.4度、長崎市13.9度、大分市12.6度、熊本市13.9度、宮崎市14.7度、鹿児島市15.6度など、九州各地とも平年より3度前後も高く、3月としては観測史上最高になりました。

例年3月は偏西風が日本付近へ蛇行し時々寒気が流れ込みますが、ことしは例年より偏西風が高緯度に北上したため寒気の南下はほとんどなく、九州を初め日本付近は南からの暖かい空気に覆われてやすくなったためです。

ことしは桜の開花が福岡市や佐賀市、長崎市では史上最も早くなるなど、植物も2月から続く記録的な暖かさの影響を大きく受けています。

4月も高温傾向が続く

きょうから4月です。4月の九州の平均気温は、前半は平年より高く高温傾向が続く見込みです。4月後半はほぼ平年並みになるでしょう。一時的に弱い寒の戻りもありますが、気温は前半を中心に高めで経過し、季節はこのあとも駆け足で進むでしょう。汗ばむような陽気が増えてきますので、いつもの年よりも衣替えなどは早くに進めておくとよさそうです。

また、天気は周期的に変わり、降水量や日照時間はほぼ平年並みになる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい